この世とは

あなたは、この世をどういうものだと捉えているだろう?

あなたのこの世観だ。

あなたのこの世観で、あなたがこの世ですることも違ってくる。

どんなこの世観を選んでも、実は構わない。

それはあなたの選択なのだから。

正解はない。

あなたが納得できれば、それは正解なのだ。

世の空気は、幸せ、楽しい、そういうことにフォーカスされている。

一見それらの言葉は、否定することもない、正しいもののような気もする。

しかし、私、今世幸せでした、楽しかったです。

それだけで、いいのだろうか?

単に幸せとか、楽しさのために、この世に生まれたのだろうか?

何か、大きな生きる使命を、忘れているのではないだろうか?

 

私は、この世を変える大きなことをしろ、などと言っているのではない。

私が言っているのは、あなたのことなのだ。

あなたは、どう生きる?

 

私のこの世観を、お話しよう。

私のこの世観は、ここは、心の掃除をする場だ、ということだ。

もちろん、その過程で、幸せや、楽しさはある。

しかし、それらは、副次的なものだ。

それは決して、第一の目的ではない。

この世で、心の掃除をし、魂を、ある、の状態にする。

魂の響きを、大元の神様の響きと、同調させることだ。

あるを確定させることだ。

早く言えば、私はまだ生まれていない。

本当の宇宙に、生まれていない。

仮死の状態といってもいい。

これから本当に生まれるために、この世でやるべきことがある。

そういう状態。

この世は、本当に生まれるための、魂の清算の場。

だから、幸せであるのはいいけど、幸せに酔っていてもいけない。

大切な本分を忘れてはいけないのだ。

 

あなたが、自分の使命、心の掃除を行えば、それは自然と周りのお手本にもなるし、あなたの魂の響きが、そのまま、世界を変えていくことにもなる。

あなたが変われば、世界も変わるのだ。

これは、大げさではない。

波動がどんどん変わっていく。

波動は瞬時だ。

瞬時に変わる。

キャッチしている者はいるのだ。

大元の神様は、あなたの波動の変化を常にキャッチしている。

あなたの波動が整うのを、待っている。

あなたが、一人、神としてある、ことを待ち望んでいる。

まだあなたは、一人で立っていない。

寄りかかっている、人間なのだ。

一人で立てる、ヒトになり、神とならねばならない。

大元の神の響きと、同調できるようにならねばならない。

 

あなたのこの世観を、もう一度、見直してみよう。

本当にあなたは、それでいいのか?

それで、満足なのか?

そのこの世観で人生を終えて、悔いは残らないのか?

そんなこと、考えたこともない。

そう思う人は、私のこのブログは読んでいないだろう。

私のブログは、読み手を選ぶ。

私の響きに同調できない人は、初めからこのブログには、辿り着けないのだ。

たまたま辿り着けたとしても、読み続けることはできない。

このブログを読んでるあなたは、目醒めた、稀有な存在なのだ。

自信を持って欲しい。

だから問う。

あなたは、本当に、今のままでいいのか?

この世の死を迎えた時に、後悔しないのか?

酔ったまま、死を迎えることにはならないか?

 

あなたの本心に向き合おう。

甘い言葉にまぎらわされている場合じゃない。

目醒め、覚醒の時を迎えているのだ。

もう、最後のチャンスだ。

今、時を失ってはいけない。

私のブログにも、旬はある。

しかし、あなたがこのメッセージに触れている、今、この時こそが、あなたにとっては旬なのだ。

あなたが、私のメッセージに触れ、どう感じるのかは、私にはわからない。

それは、あなたの課題だ。

私は、今まで、試行錯誤しながら、生きてきた。

回り道もしたが、その時は、その道しか選べない自分がいた。

しょうがない。

今なのだ。

今、どの道を選ぶのか?

今、どの道を行くのか?

周りの、他人のせいにしないことだ。

それをしても、結局は自分が責任を負うことになる。

最後は、自分の責任なのだから。

最後は、言い訳できない。

だったら、やるしかないじゃないか?

どの道、自分の責任なのだから。

今、自分で道を選ぶことだ。

 

この世をどう捉えるか?

酔っている場合じゃないよ。

最新情報をチェックしよう!