フィーリングと人生

5月に入ってから早起きをしていた。
朝4時から5時の間、早い時で4時前に起きていた。
朝から活動するのも悪くない、そう自分では思っていた。
しかし今日朝8時に起きた。
4時過ぎには目覚めてはいたのだが、なんとなく布団から起きなかった。
でも、妻に言わせると、その方が良かったというのだ。
私が朝4時に起きると、妻も物音で起こされるというのだ。
それが迷惑だということだ。
まあわからんでもない。
確かに早寝しない人にとってみては、そうだろう。
押入れに布団を入れる音や、二階から一階の部屋に入る音などで、目が覚めるとのこと。
4時ではなく、せめて5時にしてくれと言われた。

私は勝手に早起きはいいもんだと思ったが、周りの人に迷惑がかかるなら、慎んだ方がいいのだろう。
また迷惑がかからないような、早起きをするとか。
自分一人だけで生きているのではない、そう思った。

私は基本、自分がやりたいと思ったことはやる方だ。
あまり人の迷惑も考えない方だ。
しかし、同じ家に住む人間が、朝起こされるのが迷惑だ、そう言うのなら、何か他の方法は考える。
そのくらいの気持ちはある。

人は生きていると、色んな出来事が起こる。
その出来事をどう乗り越えるかが、人生の醍醐味だ。
上手に乗り越えろとは言わない。
どんな乗り越え方でもいいのだ。
自分なりに考え、行動してみることだ。
それでいいのだ。
良し悪しはない。
自分なりに思うことを、やってみることだ。
自分のフィーリングを大事にすることだ。
どんな行動にも、正しい答えなどない。
その行動をして、自分がどう感じるかだ。
そのフィーリングは、やってみなきゃわからない。
人生とは、その都度生きてて感じるフィーリングだ。
そのフィーリングの連なりでしかない。
フィーリングを大事にすることだ。
自分のフィーリングに、答えを聞いてみるといい。
そうすれば自然と、自分の進むべき道が分かるだろう。
さあ、フィーリングと共に歩んでみよう。

最新情報をチェックしよう!