本心を分けないこと

本心がある。

それに対して嘘をついてないだろうか?

嘘をつくとは、自分の本心を分けることだ。

本心を分ければ分けるほど、自分が分裂していく。

自分が自分でなくなっていくのだ。

自分が薄くなる。

本心に嘘をつくべきではない。

自分が分裂すれば、もう自分ではいられなくなるのだ。

自分を一つ一つ統合していく必要がある。

分裂している地点から、一歩一歩本心を辿るのだ。

それしか自分を統合する道はない。

自分を統合することこそ、心の掃除なのだ。

 

これは私の考えだが、この自分の統合の先にあるのが、魂があり続けるという状態だ。

自立するという状態だ。

今魂のあるは、依存している。

大元の神様に依存している。

しかしいずれは自分で立たねばならない。

自分自身が、大元の神様と一体であり、同時に自立する状態とならなければならない。

大元の神様と一体となり、自立するということは、自分を本心と統合するということだ。

自分と本心とを統合するということが、自分と大元の神様を統合することであり、自分の魂のあるを確立するということだ。

私はそう考える。

これは私の宇宙観だ。

受け入れるか受け入れないかは、あなたが判断すれば良い。

それはあなたの自由だ。

ただ私はあなたに後悔して欲しくない。

人生の大きな目的をやり残さないで欲しい。

そう思っている。

 

単に面白おかしく生きるのも人生だ。

幸せを目的として生きるのも人生だ。

しかし私はそんなに人生は単純なものではないと考える。

単なる自分の幸せのためだけに、生きるのではないと考える。

人生の目的とは、自分の魂をあるたらしめることだと考える。

それは先ほども言った、本心と自分とを統合することであり、自分の意識、魂と、大元の神様とを統合することである。

それが自分の魂のあるの確立だ。

自分は、自分の魂のあるを確立するために生まれてきたのだ。

私はそう考える。

大元の神様の響きと一体となって、自分の魂のあるを確立して欲しい。

死んでもあり続ける状態を確立して欲しい。

私は大元の神様の響きと一体となることこそが、生きる道だと思っている。

生きているうちに魂のあるを確立することだ。

それが本心と一体となることであり、大元の神様と一体となることだ。

自分が大元の神様の響きそのものになることだ。

あじまりかんである。

大元の神様の響きとは、あじまりかんでもある。

私の直観はそう捉えている。

あなたがどう捉えるかはあなたの自由だ。

ただ私はそう捉えている。

人生とは本心を生きることである。

本心を生きるということは、自分の統合である。

自分を統合し、自分と大元の神様とを統合することである。

それが自分の魂があり続ける道だと考える。

未来永劫自分の魂があり続ける道だと考える。

それを確立するために、自分は今回生まれてきたのだ。

私はそう考える。

だから単なる幸せを、人生の目的にしてはいけない。

大きな使命を帯びているのだ。

自分の魂のあるを確立するという。

それを達成せずして、生きてる意味はないと考える。

私はそう考えている。

 

あなたに私の考えを受け入れろ、とは言わない。

あなたの自由だ。

あなたの人生だ。

しかし私はあなたにも、あるを確立して欲しい。

魂のあるを確立して欲しい。

そうでなければ人生もったいない。

私はそう考える。

大元の神様として自分も生きようではないか。

響きを確立しようではないか。

混じりけのない、本心一つの響きを確立しようではないか。

それこそが生きている意味だ。

私はそう考える。

 

最新情報をチェックしよう!