CATEGORY

あじまりかん

あじまりかんを名乗ることにした

あじまりかん、この言葉のことを何度か書いた。 あじまりかんとは、大元の神の響きである。   人間は全て、大元の神の響きを有している。 その意味で、皆、大元の神なのだ。   私は大元の神だ。 そう認識している。 大元の神の響きを有している、と認識している。   この世は、大元の神の響きの現れだ。 全てが大元の神だ。 自分は大元の神であり、大元の神という景色を見ているのだ […]

あじまりかんと安心感

あなたは、安心感を、何に求める? お金? 家族? 会社? 国家? 自分の外側には、安心感はないということに気付いているだろうか? いくら外側を探しても、安心感は、得られない。 どんな時でも、大元の神、あじまりかんは、あなたの中で、響いている。 あなたの内側にしか、あじまりかんにしか、安心感はないのだ。 そのことに気付こう。 もう、外側に求めないことだ。   お金に安心感を求めがちだ。 し […]

あじまりかん

2019年2月に入って、「あじまりかん」という言葉に出会った。 あなたは、この「あじまりかん」という言葉をご存知だろうか? 「あじまりかん」とは、大元の神の事を指し、この言葉を唱えると、あなたの中にも、大元の神が降りて来て、この世も、大元の神の響きが顕現され、弥勒の世になる、という凄い言葉なのである。 信じ難い言葉かもしれない。 しかし、私が繋がっている、内なる神、大元の神と話すと、その通り、自分 […]